大腸info ホーム > 病気の種類 > ポリープ

ポリープ

良性腫瘍の中には、がんに進行するものもあります。

大腸には、良性、悪性と様々な腫瘍ができます。ポリープは良性腫瘍ですが、中には放置しておくと徐々に大きくなり、がんに進行するものもあります。原因は、欧米化した食生活と高齢化社会になって寿命が延びたことも要素の一つです。日本での患者数は毎年増加しており、40歳代~年齢とともに増える傾向があります。

ポリープの分類

ポリープには、色々な形があります。茎のないポリープの方が茎のあるものより悪性化しやすいとされています。

隆起型:突き出たイボのような形、表面型:わずかに隆起した形

この他、陥凹型というタイプが最近見つかるようになりました。

陥凹型:少しえぐれた形

組織成分

大腸の粘膜にできるポリープのうち、腺腫はがんになりうるタイプとされています。腺腫自体は良性ですが、そのままにしておくと一部が悪性化する危険性があります。例え茎のあるタイプのポリープでも腺腫が見つかれば、がん化するリスクを考えて、早期に処置するべきです。

家族性(遺伝性)

家族性大腸ポリポーシスは、遺伝性の病気です。盲腸から直腸まで、大腸の中にポリープ(腺腫)が100個以上もできてきます。10代からでき始め、早い段階で治療しないと100%がん化します。

症状

  • ほとんどは自覚症状が無い

自覚症状がある場合

  • 排便時に便に血がつく

健康診断や人間ドック(便潜血反応検査、大腸内視鏡検査)で、発見されることが多い。

治療法

ポリープが見つかった場合、まず悪性化する危険性があるかどうか検査します。
悪性化しないと判断されたら、そのまま放置しておきます。

  • 過形成性 直腸に多く見られる
  • 炎症性ポリープ クローン病や潰瘍性大腸炎の粘膜の炎症から生じる
  • 若年性ポリープ 子供に発症する

内視鏡的治療

悪性化する危険性があると判断されたら、内視鏡でポリープを切除します。

内視鏡的治療の詳細

外科的治療

家系内に家族性大腸ポリポーシスを発症した人がいる場合、遺伝子検査で家族性大腸ポリポーシスの確定診断ができます。もし遺伝子に異常が見つかったら、例えまだがんになっていなくても、大腸全摘(肛門管だけを残す)を行います。

外科的手術の詳細

このページの先頭へ戻る

印刷用画像
インターネットプライバシーポリシー リーガルノーティス 個人情報に関する事項 サイトマップ
© Johnson & Johnson K.K. 2007-2014

このサイトは、武藤徹一郎先生(癌研有明病院 名誉院長、メディカルディレクター)の監修に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が運営しております。
このサイトは、日本国内に向けて制作しています。大腸info -知ろう、大腸の病気のこと-