大腸info ホーム > 病気の種類 > 大腸憩室症

大腸憩室症

大腸に憩室が多発する病気です。

イラスト

腸の粘膜が消化管の外側へ飛び出した袋状のようなものを憩室と呼びます。消化管全体に憩室は見られますが、特に大腸の発生頻度が高いとされています。

主に右側結腸にでき、直腸にはできません。右側憩室症は若年層に、左側憩室症は高年齢者に多く見られます。食物繊維の摂取の低下と加齢(腸壁の抵抗が弱くなるため)が原因と考えられています。日本での患者数は増加しており、左側結腸の発症例も増えてきています。


症状

  • ほとんどは自覚症状が無い

自覚症状がある場合

  • 腹痛、お腹の不快感、下痢、便通異常

大腸がんの検診で、発見されることが多い。

診断法

  • 注射造影検査
  • 内視鏡検査

治療法

症状がない場合、そのまま憩室を放置しておきます。
憩室が炎症や出血をおこしたときは、治療が必要になります。

急性憩室炎

憩室が便などによって炎症を起こしたり、穿孔がおきた状態のことを憩室炎と言います。主に左側憩室でなりやすく、腹痛、発熱、白血球の増加などの症状が見られます。薬物療法で治療し、抗生剤を投与します。症状が長引く場合、手術で病巣部を切除します。

憩室出血

憩室出血は、右側結腸に多く見られます。症状が軽い場合、絶食して補液の点滴を行うことによって止血します。大量出血が続く場合、内視鏡下で止血クリップや患部へのエタノール注射などが行われます。腹膜炎、瘻孔形成、穿孔狭窄などが生じたら、手術で病巣部を切除します。

外科的手術の詳細へ

印刷用画像

このページの先頭へ戻る

印刷用画像
インターネットプライバシーポリシー リーガルノーティス 個人情報に関する事項 サイトマップ
© Johnson & Johnson K.K. 2007-2014

このサイトは、武藤徹一郎先生(癌研有明病院 名誉院長、メディカルディレクター)の監修に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が運営しております。
このサイトは、日本国内に向けて制作しています。大腸info -知ろう、大腸の病気のこと-