大腸info ホーム > 病気の種類 > クローン病

クローン病

大腸と小腸の粘膜に潰瘍が発症する慢性の病気です。

イラスト

クローン病は潰瘍性大腸炎と異なり、大腸だけでなく小腸にまで粘膜のびらん潰瘍が発生します。腸の内側の粘膜から外側の漿膜までの全層を侵し、肉芽腫が形成されます。

また、病変部に瘻孔が生じて、腸同士や膀胱や皮膚など周囲の臓器とつながり、離れたところにも病変を作ります。

クローン病は、再発率の高い慢性の病気です。潰瘍性大腸炎と同様、自己免疫疾患ではないかと考えられています。日本での患者数は約2万人(約8割が10歳代後半~20歳代の男性)おり、年々増加しています。

症状

  • 腹痛(お腹全体が痛む)、下痢、発熱、貧血、体重減少、痔瘻

更に進行すると

  • 慢性的な食欲不振、悪心、嘔吐、重度の貧血、突然大量に下血

治療法

薬物治療

サラゾピリンやペンタサ、ステロイド剤、TNFα抗体製剤(レミケード)、免疫抑制剤を基本に投与します。

外科的治療

以下の場合、手術で病変部(狭窄瘻孔がおきたところ)を切除します。

  • 腸から大量に出血
  • 狭窄がひどい
  • 瘻孔の周囲に膿が溜まっている
  • 腸が破れた

外科的手術の詳細へ

栄養療法

クローン病は、食物に含まれる何らかの成分によって消化管アレルギーを起こし、炎症が生じるのではないかと考えられています。栄養療法では、腸管を安静にするために絶食し、成分栄養剤で栄養を補給します。

  • 完全経腸栄養療法
    経鼻チューブを空腸上部まで挿入して栄養を注入します。
  • 完全静脈栄養療法
    中心静脈から栄養を注入します。

症状が軽減し、安定すれば、自宅療法も可能です。通常、自己挿管法による経腸栄養療法と食事療法が併用されます。

印刷用画像

このページの先頭へ戻る

印刷用画像
インターネットプライバシーポリシー ご利用規約 個人情報に関する事項 サイトマップ
© Johnson & Johnson K.K. 2007-2017

このサイトは、武藤徹一郎先生(癌研有明病院 名誉院長、メディカルディレクター)の監修に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が運営しております。
このサイトは、日本国内に向けて制作しています。大腸info -知ろう、大腸の病気のこと-