大腸info ホーム > 病気の種類 > 大腸がん

大腸がんの種類・症状・治療法(手術)

欧米化した食生活に伴い、大腸がんは増えつつあります。

日本で最も多い死因は「がん」であることをご存知ですか?平成20年の厚生労働省の統計によると、全死亡者の約3人に1人はがんで亡くなっていることになります。部位別に見てみると、男性は肺、女性は大腸が最も多いがんの死因です。

欧米化した食生活に伴い、大腸がんは増えつつあります。高齢の方に発症しやすく、50歳代~の方に多く見られます。最近では、直腸がんだけでなく、S状結腸や上行結腸がんも増えてきています。幸い、大腸がんは早期に発見し、適切な治療を行うことでほとんどは完治する病気です。

大腸がんの分類

発生部位

大腸の中でどこにがんができたかによって、診断も治療法も変わります。

  • 盲腸がん、上行結腸がん、横行結腸がん、下行結腸がん、S状結腸がん、直腸がん
大腸がん 発生部位

進行度

大腸がんの進行具合は、大腸の壁をどれくらいの深さまで侵しているか、リンパ節転移、遠隔転移の有無によって決まります。

【ステージ分類】
  1. がんが大腸粘膜内にとどまっている
  2. がんが大腸壁にとどまっている
  3. がんが大腸壁の外まで浸潤している
  4. リンパ節転移がある
  5. 肺、肝臓などへの転移

※この他、デゥークス分類もあります。

形状

大腸がんの形態によって、進行状態がわかります。0型は早期がんで、3、4型は周囲に浸潤している進行がんです。

0形 表在型 、1型 腫瘤型 、2型 潰瘍限局型、3型 潰瘍浸潤型、4型 びまん浸潤型

大腸がんの症状

初期

  • ほとんどは自覚症状が無い

進行すると

  • 血便(特に直腸、S状結腸がん)、便通異常(便秘、下痢、便が細くなるなど)

その他の症状

  • 腹痛、腹部膨満、腹部のしこり、貧血

大腸がんの治療法

腫瘍のできている場所や進行具合によって、治療法を選択します。放射腺治療や化学療法などありますが、ほとんどの場合、手術が必要です。大腸がんは早期に発見し、適切な治療を行うことでほとんどは完治する病気ですが、多発しやすいのも特徴です。術後、定期的に検査を受ける必要があります。

内視鏡的治療

ポリペクトミー等で粘膜内や粘膜下層で進行が止まっている早期がん(リンパ節、血行性転移がない)を切除します。

内視鏡的治療の詳細

外科的治療

粘膜下層まで進行したがん(リンパ節転移がある)や、それ以上の進行がんは、手術で病変部を切除します。切除する場所や範囲は、どこに腫瘍ができているかによって異なります。

外科的手術の詳細へ

補助的療法

放射線治療や抗がん剤を投与します。

印刷用画像

このページの先頭へ戻る

印刷用画像
インターネットプライバシーポリシー リーガルノーティス 個人情報に関する事項 サイトマップ
© Johnson & Johnson K.K. 2007-2014

このサイトは、武藤徹一郎先生(癌研有明病院 名誉院長、メディカルディレクター)の監修に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が運営しております。
このサイトは、日本国内に向けて制作しています。大腸info -知ろう、大腸の病気のこと-