大腸info ホーム > 治療法 > 腹腔鏡手術

腹腔鏡手術

腹腔鏡手術の場合、腹部に小さな穴を数ヶ所開けます。腹腔内を炭酸ガスで膨らませ、一つの穴からは腹腔鏡(内視鏡の一種)を挿入し、お腹の中の様子をモニター画面に大きく映し出します。別の穴からは手術器具を挿入し、操作します。病変部は、小切開(3-6cm)から摘出します。

メリット

  • 傷が小さい
  • 術後の痛みが少ない
  • 回復期間が短い
  • 入院期間が短い

適応外

  • モニター画面を通し、視野の確保が困難
  • 病状の進行具合 (他臓器への転移など)
  • 術中の出血等のトラブル

腹腔鏡手術には、術者として専門的な技術やトレーニングが必要です。腹腔鏡手術を希望される場合、専門医に開腹手術と比較した長所・短所をよく話し合った上で選択しましょう。

印刷用画像

このページの先頭へ戻る

印刷用画像
インターネットプライバシーポリシー ご利用規約 個人情報に関する事項 サイトマップ
© Johnson & Johnson K.K. 2007-2017

このサイトは、武藤徹一郎先生(癌研有明病院 名誉院長、メディカルディレクター)の監修に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が運営しております。
このサイトは、日本国内に向けて制作しています。大腸info -知ろう、大腸の病気のこと-