大腸info ホーム > 治療法 > 医師に相談しましょう

医師に相談しましょう

最適な治療法を選ぶため、医師とよく話し合う事が大切です。

イラスト

どんな病気でも、医師とその治療法についてよく話し合い、ご自身が納得した上で選択することが大切です。例えば、腹腔鏡手術をうける場合、医師の腹腔鏡手術の経験、手術のメリット、デメリット、適応、リスク、合併症、予測される術後の経過などについて話し合ってみましょう。

医師と話し合った結果、治療方針や説明にもし納得できない場合、他の医療機関で「セカンドオピニオン」を求めることを検討してみましょう。「セカンドオピニオン」とは、主治医以外の医師にも治療法の意見を求めることを意味します。医療の進歩により様々な治療法が増えている中、治療の有効性について医師の間で意見が異なることもあります。治療法を決めるときは、ご自身の判断が重要なポイントとなります。十分納得した上で、ご自身にあった治療法を選択しましょう。

印刷用画像

このページの先頭へ戻る

印刷用画像
インターネットプライバシーポリシー ご利用規約 個人情報に関する事項 サイトマップ
© Johnson & Johnson K.K. 2007-2017

このサイトは、武藤徹一郎先生(癌研有明病院 名誉院長、メディカルディレクター)の監修に基づき、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が運営しております。
このサイトは、日本国内に向けて制作しています。大腸info -知ろう、大腸の病気のこと-